京都で印刷とWEBをまかせるなら からふね屋

印刷見聞録

1927年「営業のしおり」その3「明朝体編」

こちらの記事は、旧サイト・ブログの記事を加筆・修正したものです。

からふね屋1927年営業のしおり明朝体

弊社の1927年製「営業のしおり」のご紹介も早3回目、今回からはいよいよ活字の書体見本のページをご覧いただきます。

当時使っていた活字がどのメーカーさんのものか残念ながら記録には残っていないのですが(下の画像をみてわかる方がいらっしゃったら是非ご一報ください)、おそらくこの時代の活版印刷工場としてはかなり豊富に書体は持っていたのだと思われます。

それではまず明朝体からです。
明朝体は初号〜7号まで見本帳に掲載されています。
からふね屋1927年営業のしおり明朝体初号

からふね屋1927年営業のしおり明朝体壱号

からふね屋1927年営業のしおり明朝体弐号

からふね屋1927年営業のしおり明朝体参号

からふね屋1927年営業のしおり明朝体四号

からふね屋1927年営業のしおり明朝体五号

からふね屋1927年営業のしおり明朝体九ポイント

からふね屋1927年営業のしおり明朝体六号

からふね屋1927年営業のしおり明朝体七号

例文に漢詩や小説、随筆、短歌など号数ごとに異なるコンテンツを使うなどなかなか凝っています。

からふね屋1927年営業のしおり明朝体

からふね屋1927年営業のしおり明朝体

またいずれの文字組も非常に美しく、印刷ムラやかすれ、凹みなどもみられず、印刷職人の技術の高さが見受けられます。

次回はゴシック体をご紹介します。

本をつくりたい方へ

自費出版をお考えの方はこちらのページをご覧ください
ゆあぶっく|自費出版部門
お問い合せ  電話 075-761-1166  お問い合せフォーム