京都で印刷をまかせるなら からふね屋

印刷用紙事典

Paper Encyclopedia

手漉き和紙 紙漉き工程 断面

和紙

全国にある和紙の産地 今回のテーマは和紙です。 洋紙が大きなメーカーでナショナルブランド的に生産されるのに対し、和紙は、全国の産地に点在する比較的小規模なメーカーや家族内手工業的な生産者がそれぞれ独自に生産しています。 したがって地域ごとにブランド化されており、主な産地である越前和紙や、土佐和紙、美濃和紙などのほか、非...
OKフロート・OKムーンカラー
印刷見聞録
数年前からにわかに起こった活版印刷ブームですが、他にもレコードやカセットテープなどとともに古くて新しいアナログ文化として、若い人を中心にもうしばらくこの人気は続きそうです。その活版印刷の魅力の一つに、活字や凸版の印圧によって生じる微妙な凹みが挙げられます。凹んでいるほど喜ばれるなど昨今は本来の姿とは違う方向性で尊ばれて...
アート紙・コート紙
印刷見聞録
アート紙とコート紙の違い 今ほど美術印刷向けの紙のバリエーションが豊富ではなかったふた昔前ぐらいまでは、写真集や画集、それに展覧会の図録など美術本の本文やポスターといえばアート紙やコート紙がほとんどでした。 アート紙、コート紙とは、上質紙をベースに光沢を与えるグロス系の塗料を塗布した用紙のことで 両面の塗工量が40g/...
ミラーコート
印刷見聞録
ミラーコート紙とは 「ミラーコート」という名称は一般名称ではなく王子製紙がもつ商標で、一般名称としては「キャストコート紙」と呼ぶのが正しいのですが、印刷業界でもほぼキャストコートの代名詞としてミラーコートが広く使われています。 キャストコートというのは、アートやコートと同じく塗工印刷用紙(コーティング紙)に分類されます...
ヴァンヌーボ
印刷見聞録
からふね屋の近くには、岡崎公園内の京都市美術館、京都国立近代美術館、東山七条の京都国立博物館をはじめ、公立、私立の美術館やギャラリーなどがたくさん点在しています。そして1年中あちらこちらで大小の様々な美術展が開催されています。ところで美術展といえば、図録(ずろく)やポスターが付き物ですが、今回の「印刷用紙事典」のテーマ...
アラベール
印刷見聞録
アラベールは1989年に日清紡から発売されたされた紙で、竹尾 TAKEO の見本帳に載っています。 アラベールの特性とサイズ 紙の特性としては、中性紙で微妙にラフな風合いのある表面で、ちょうど一般の人がイメージする画用紙のような雰囲気をもっています。 サイズは4/6判Y目と菊判T&Y目が用意され、厚みも4/6判換算で7...
ユポ紙イメージ画像
印刷見聞録
今回ご紹介するユポ紙(合成紙)は、あまり一般的には馴染みのない名前ですが、実は日常生活のいろいろな場面で非常によく見かけます。 ユポ紙の特徴 ユポという名称は、本当はユポ紙を販売しているユポ・コーポレーションという会社の商品名として商標が登録されているのですが、一般的に合成紙のことをユポと呼んでしまっています。 合成紙...
マットコート紙
印刷見聞録
マットコート紙とは 「マットコート」は、大きく言えばコート紙の一種で、両面の塗工量が20g/㎡前後のA2コート紙で表面が艶消しに仕上がる塗工が施された用紙を指します。 ちなみに印刷用紙は大きく分けると、上質紙など表面に塗工(コーティング)が施されていないノンコート紙と、印刷インキが染み込まずに綺麗に乗るように塗工が施さ...
モンテシオン
印刷見聞録
モンテシオンは、もともと先の東日本大震災に伴う津波で甚大な被害を受けながら、その後奇跡的な早さで復興を果たした日本製紙の石巻工場で開発され、同工場復興支援商品としても位置づけられていました。 モンテシオンの特徴 A2マットコートに比べ2倍の嵩高(かさだか) 紙質はたっぷりとした紙厚ながら柔らか 若干の表面塗工が施してあ...
お問い合せ  電話 075-761-1166  お問い合せフォーム