【うぇぶ解説】その15 レスポンシブ対応とは?

Responsive-Showcase-Mockup-Pack.jpg

ますます増えているモバイルネットユーザー
ウェブをスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス(端末)で閲覧するユーザーの割合は年々増えていて、すでにPCとの比率が5:5、コンテンツによってはその割合が6:4や7:3でモバイル優勢となってきています。

ところが、これまでウェブサイトのレイアウト・デザインの設計はPCを中心に考えられてきており、そのためスマホなどのモバイルデバイスで閲覧すると、文字が小さくて読みづらかったり、操作ボタンやリンクがうまく押せないなどの問題が出てきます。

求められるモバイルフレンドリー
ですので、これからのウェブサイトのデザイン製作は、モバイル環境での視認性や操作性をいかに高めるかが非常に重要になってきています。
また、Google検索では、昨年からスマートフォンに最適化されているサイト(モバイルフレンドリー)はスマホ画面での検索で優遇されることになりました。

具体的には、スマホでGoogleキーワード検索しますと、検索結果のはじめに「スマホ対応」という文字が表示され、実際に検索順位も対応していないサイトにくらべて上位にくるようです。

レスポンシブデザインとは?
そこで現在脚光を浴びているのが、レスポンシブデザインという、パソコン、スマートフォン、タブレット端末など様々な機器の種類やサイズに応じて表示される内容が最適な状態になるようレイアウトやデザインが変化するように設定された単一ファイルから構成されるウェブ製作技術です。

レスポンシブ対応のメリットとデメリット
それぞれの端末に対応した複数のサイトを用意する方法にくらべて、レスポンシブ対応のメリットは、

1.それぞれのデバイスで表示が読みやすい

デザインが表示デバイス(端末)によって大きさが変動しますので、それぞれの端末に合った文字サイズでテキストを読むことができます。

2.ワンソースで管理できるので更新作業が楽

デザインの表示は変わっても中身のコンテンツは1つ用意するだけなので、内容の修整・更新が一度で済みます。また製作コスト自体も複数のサイトを作るより場合によってはリーズナブルとなります。

3.SEO対策に有利
Google検索においてモバイルフレンドリーなサイトが優遇されることはは前述しましたが、そのGoogleも具体的な施策としてレスポンシブ対応を推奨しています。
Google ウェブマスター向け公式ブログ: Google がお勧めするスマホに最適化されたウェブサイトの構築方法
したがって現状では特にモバイル環境ではSEO対策として効果が期待できます。
4.複数の異なるURLの出現を回避できる
PC用とモバイル用に複数のサイトを用意するということは、URLも複数存在することになり、ユーザーがリンクやシェアをするとき不便が生じる可能性があります。ところがレスポンシブ対応なら単一のURLとなります。
またURLが単一だとGoogleがより効率的にコンテンツを発見しやすいとうメリットもあります。

一方デメリットは

1.デザインに制約がある
どうしてもパソコン、スマホ、タブレットなど縦横の比率や表示方向の違う画面サイズのすべてに対応するため、最大公約数的なデザイン制約はでてしまいます。
2.ブラウザの拡大機能に反応してしまう
レスポンシブページをパソコンでズーム機能を使って拡大ブラウザーの画面サイズが相対的に"狭く"なったと判断しスマホのレイアウトに切り替わってしまうことがあるようです。
3.スマホでパソコンの画面が確認できない
どうしてもパソコンでのページレイアウトを確認したい場合でもレスポンシブの場合、強制的にスマホ向けのレイアウトで表示されてしまいます。

このようなデメリットもあるのは事実ですが、それでもそれを補って余りあるメリットが、現状ではレスポンシブデザインにはあると思います。
特に今後は、ますますスマホやタブレットを使ってウェブを見るユーザーの割合が増えていくことが予測されるなか、少なくともモバイルフレンドリーであることは必須です。

ウェブサイトの新規作成やリニューアルをお考えの方は、ぜひレスポンシブ対応をご検討ください。

【関連記事】
【うぇぶ解説】その1 ドメイン(前編)
【うぇぶ解説】その1 ドメイン(後編)
【うぇぶ解説】その2 レンタルサーバー
【うぇぶ解説】その3 ホームページはどうやって作るの?
【うぇぶ解説】その4 ホームページには何を載せるの?
【うぇぶ解説】その5 セキュリティは大丈夫?
【うぇぶ解説】その6 なぜ画面表示が違う?
【うぇぶ解説】その7 オンラインショップを始めよう
【うぇぶ解説】その8 SSL(暗号化通信)ってなに?
【うぇぶ解説】その9 SEOって何?
【うぇぶ解説】その10 SNSを活用しよう!
【うぇぶ解説】その11 Facebookページを作ろう!
【うぇぶ解説】その12 ブログを書こう!(前編)
【うぇぶ解説】その12 ブログを書こう!(後編)
【うぇぶ解説】その13 アクセス分析をチェック
【うぇぶ解説】その14 電子カタログを作ろう
 

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。