【制作実績紹介】日本生花司 松月堂古流様ウェブサイト

shogetsudokoryu_TOP.jpg

昨日正式に公開を開始した日本生花司 松月堂古流様のウェブサイトをご紹介いたします。

松月堂古流様は、江戸時代の中期、宝暦明和年間に僧侶であった是心軒一露(ぜしんけんいちろ)師によって創流された生花(いけばな)の歴史ある流派で、その後公家であった植松家が代々の家元を継承され、当代家元 十三世植松賞月斎へと連なります。

以前もウェブサイトを運営されていたこともあったようなのですが、今回は、流派の情報発信の場として活用したいというお家元のご意向のもと、弊社で一からサイトを製作させていただきました。
また、ドメインの取得代行、レンタルサーバーの提供も併せて承りました。

ウェブサイトは基本的にシンプルで見やすいレイアウト・デザインを心がけ、流派の歴史や特徴、花展や講習会のスケジュール、教室・カルチャーセンターの情報、それに作品のギャラリーページとお問合せ用ページ、さらには随時の情報発信に向けてブログ機能を用意しました。

shogetsudokoryu_01.jpg ←トップページ

shogetsudokoryu_02.jpg←流派の歴史や特徴を解説する「知る」ページ

shogetsudokoryu_03.jpg←花展や講習会の情報を知らせる「観る」ページ

shogetsudokoryu_04.jpg←教室やカルチャーセンターの一覧「探す」ページ

shogetsudokoryu_05.jpg←五大坊や家元・会員の「作品」ページ

また、スマートフォンやタブレットでの閲覧が非常に増えてきていることから、今回のウェブサイトではレスポンシブ対応のデザインを採用しました。
レスポンシブとは、パソコン、スマートフォン、タブレット端末など様々な機器の種類やサイズに応じて表示される内容が最適な状態になるようレイアウトやデザインが変化するように設定された単一ファイルから構成されるウェブサイトのことです。

通常のウェブサイトだと、パソコン表示用にレイアウト・デザインを設定するためスマートフォンでは文字が小さすぎたり使い勝手が悪くなりますが、レスポンシブデザインを使えば、デザインの自由性はやや損なわれはしますが、特にスマホ用やタブレット用に別のレイアウト・デザインを用意しなくても、ひとつのファイルで、それぞれの画面表示で見やすいレイアウトが実現できます。

shogetsudokoryu_iphone.jpg←↓ iPhone「TOP」「探す」ページ画面
shogetsudokoryu_iphone_02.jpg

今年の4月からGoogle検索において、スマートフォンに最適化されているサイトはスマホ画面での検索で優遇されることになり、またGoogleもその対応としてレスポンシブを推奨しているようですので、今後はレスポンシブ対応が必須になってくるものと思われます。

日本生花司 松月堂古流ウェブサイト 
http://www.shogetsudokoryu.com

製作スタッフ
WEBデザイン・コーディング:中塚政裕(からふね屋)
画像・コンテンツ:クライアントご支給

【関連記事】
【制作実績紹介】社叢学会様ウェブサイトリニューアル
【制作実績紹介】丸久小山園様ウェブサイトリニューアル
【制作実績紹介】陶芸家 利茶土ミルグリム様 ウェブサイト
【制作実績紹介】池田瓢阿ホームページ
【制作実績紹介】きもの百科イトカワ様ウェブサイト
【制作実績紹介】丸久小山園様ウェブサイト一部リニューアル
【制作実績紹介】からふね屋ウェブサイト・リニューアル
【制作実績紹介】唐船屋ECサイト リニューアルオープン!
【制作実績】東京ますいわ屋様ウェブサイトリニューアル
東京ますいわ屋 NEW CONCEPT SHOP
【製作実績紹介】寺田薬泉工業株式会社様 ウェブサイト
ピアニスト 三木裕子様 ウェブサイト
 

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。