【うぇぶ解説】その1 ドメイン(後編)

domain_image02.jpg

前回に引続きドメインについて解説していきます。

今回は主に、独自ドメインを決めて、そのドメイン名を登録する方法、維持・管理する方法について説明します。

1.独自ドメインを決める

まずはウェブサイトやメールアドレスの顔というべきドメイン名を何にするか決めます。
そのためには、まず第1(トップ)レベルドメインを何にするか考えます。

前編でも解説したように第1(トップ)レベルドメインには、国や目的に合わせて、.com、.jp、.net、.co.jp、などの選択肢があります。
そして、その前に企業名や法人名、組織名、ブランド名など固有の名称を組み合わせるわけですが、ドメインは世界に2つと同じものが在ってはいけないので、ドメインを決める時は、まず他にだれも同じドメインを使っていないか確認する必要があります。

その確認する方法は、ずばりそのドメイン名で検索をしてみることです。
試しにGoogle検索やYahoo検索で使いたいドメイン名を入力してみてヒットしないかどうかを調べてみます。
但しここでヒットしなくても、現在は使っていないだけで誰かが取得手続きは完了している可能性があります。

そこで、Whoisというインターネットの登録者情報を提供しているサービスを使って、ドメイン名の登録を検索します。
検索する方法は、まずGoogleやYahooで「Whois 検索」とか「ドメイン 検索」というようなキーワードで検索すれば、希望するドメイン名を調べることができるサイトを見つけることができます。
そのサイトでドメイン名を入力すると、もし既にそのドメイン名が使われていたら、誰がそのドメイン名を所有してるかなどの詳細情報が表示され、そのドメインは使えないとういうことになります。

逆になにもヒットしなければ、そのドメイン名は空いていて使用可能ということですので取得へと進むことができます。

2.独自ドメインを取得する

次に独自ドメインを取得する方法としては、

  • 契約する もしくはしているレンタルサーバーの取得代行サービスを利用する
  • ドメイン取得代行サービス会社に申し込む
の2つが考えられます。

前者の場合、ウェブサイトの製作を委託した業者とサーバーの保守・管理サービス契約を結んだ場合も含まれますが、どちらにしてもDNS(ドメインネームシステム)サーバーの設定(レンタルサーバーのIPアドレスとドメイン名のIPアドレスを紐付けする)という一見とっつきにくい作業もレンタルサーバー側や業者の方で作業してもらえるというメリットがあります。

一方デメリットとしては、まれにレンタルサーバー会社を移行する際、ドメイン名を移管できないケース(たとえばレンタルサーバー会社が倒産してDNSサーバーの移行手続きができないなど)があります。その場合はせっかく取得した独自ドメインが引き続き使えない事態になりますので、レンタルサーバーの契約の際にドメインの管理方法についてよく確認しおく必要があります。

逆に後者の場合、自分でDNSサーバー設定をする必要はありますが、レンタルサーバーを引っ越しする時も確実に独自ドメインを移管することができます。

3.独自ドメインを維持・管理する

独自ドメインを取得する際にいくらかの費用が発生します。

ひとつは、ドメインをレジストラに登録する費用、これは取得代行を依頼した場合も、自分で取得手続きをした場合も必要です。

もうひとつは取得代行を依頼した場合の取得代行費です。

いずれの金額もケースバイケースですが、レジストラへの登録費用は、第1(トップ)レベルドメインの種類によっても変わってきますが、大体1〜4千円くらいで、この金額に1年目の維持管理費も含まれています。

また、2年目からの維持管理費も大体の場合1年目の登録費用と同額が必要となります。
取得代行費については、初回のみ請求される場合のほか、更新のたびに必要になるケースもあるようです。

なお、弊社では、ホームページ(ウェブサイト)の製作業務に加えて、サーバーとホームページの保守更新サービスも承っており、オプションでドメインの取得、維持・更新サービスもあります。
詳しくは、弊社ウエブサイトをご参照ください。

京都で大正10年創業、老舗印刷会社が作るホームページ!


関連エントリー
【うぇぶ用語解説】その1 ドメイン(前編)
 

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

堀尾武史
株式会社からふね屋 代表取締役

昭和36年生まれの丑年
京都生まれ京都育ちの印刷屋四代目社長。
小学1年から大学4年まで剣道にひたすら明け暮れ、一応各年代で全国大会には出場、入賞なども果たす。
同志社大学卒業と同時に親戚の印刷会社で修行、ここで大いにしごかれ現在に至る。
自社にあった活版印刷から写植、フィルム時代を経て現在のDTPまでひと通り印刷については経験、美しい印刷を愛す。
趣味はお酒とアート鑑賞、読書、音楽(JAZZ・ROCK・POP・REGGAE・CLASSICなどオールランド)、TV鑑賞(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・たけしアートビートなどがお気に入り)、ウォーキング。