自費出版・個人出版なら京都の印刷会社 からふね屋

自費出版

Tagged
ダブルトーン記事 タイトル画像
印刷見聞録
ダブルトーンとは ダブルトーンは最近少し使用頻度が減ってきたように思いますが、アナログ製版の時代からよく使われ...
OKフロート・OKムーンカラー
印刷見聞録
数年前からにわかに起こった活版印刷ブームですが、他にもレコードやカセットテープなどとともに古くて新しいアナログ...
アート紙・コート紙
印刷見聞録
アート紙とコート紙の違い 今ほど美術印刷向けの紙のバリエーションが豊富ではなかったふた昔前ぐらいまでは、写真集...
取り都合
印刷見聞録
取り都合というのは、紙の全判から製作する印刷物がどれだけ取れるか、ということで、「取り都合が良い」とか「取り都...
付け合わせ
印刷見聞録
付け合わせとは? 一般の方にはあまり耳慣れない用語かもしれませんが、たとえばA4サイズのチラシを印刷する場合は...
紙の目
印刷見聞録
紙には目があるのをご存知ですか? 紙の目とは、紙の流れ目とも呼ばれ、紙を漉くときに出来る繊維の方向のことです。...
Just say yes.
製作事例
仕様 判型 170×170mm判 本文96P 紙質 表紙:コートアイボリー L判 22.5㎏ 本文1:ニューV...
ヴァンヌーボ
印刷見聞録
からふね屋の近くには、岡崎公園内の京都市美術館、京都国立近代美術館、東山七条の京都国立博物館をはじめ、公立、私...
お問い合せ  電話 075-761-1166  お問い合せフォーム