自費出版・個人出版なら京都の印刷会社 からふね屋

自費出版のいろは

本の自費出版を検討中の方必見!画像のファイル形式を簡単解説!

今回は、主に自費出版をお考えの皆様に、印刷用に入稿する際のデジタルカメラで撮影した画像の「ファイル形式」についてわかりやすく解説いたします。

■JPEG

 この形式は、品質を一定維持しつつも高い圧縮率を誇るフォーマットで、
人の目ではわからないような部分の情報を処理して、情報量を小さくして保存しています。

 しかし、注意点もあります。
それは、非可逆式圧縮であるが故に、画像を上書き保存するたびに画質が劣化してしまう点です。
というのも非可逆式圧縮は、保存するたびに情報量をカットしてしまい、決して最初の画質に戻すことができません。
また、保存する時の圧縮率が高いほどデータ容量は小さくなりますが、画質は劣化します。
したがって印刷用に入稿する際は、できるだけ高品質モード(低圧縮率)で撮影したオリジナルデータを渡すようにしましょう。

この形式のメリットとデメリットは、以下の通りです。

メリット
・高画質かつ容量が小さい
・汎用性が高い
・写真に向いている

デメリット
・保存を繰り返すと画質が劣化する
・ノイズが発生することもある
・背景を透明にできない
・ロゴやイラストには不向き

■TIFF

 こちらの形式は、JPEGのように圧縮しないので、保存によってデータが損なわれることがありません。
したがって画質を高品位のまま維持できるため、印刷物によく使われる形式でもあります。
特になめらかな階調の表現や大きな画像サイズで精緻な表現が求められる場合には最適な形式です。
一方で、圧縮しないが故に容量がとても大きくなってしまうという欠点もあります。

また、そのままではウェブで使用できないので、ブログなどに使用したい場合にはJPEGなどに変換する必要があります。
 この形式のメリットとデメリットは、以下の通りです。

メリット
・JPEGよりも高品質な画像
・印刷物に最適

デメリット
・容量がとても大きくなってしまう

いかがでしょうか?
画像のファイル形式について、少し理解していただけたのではないかと思います。
印刷物には「TIFF」が最適ですが、「JPEG」でも勿論入稿は可能です。
画像にとことんこだわる方は、「TIFF」、そうでない方は「JPEG」での入稿をおすすめします。
からふね屋では、どちらの形式でも入稿可能ですので、自費出版を検討されている方はぜひ一度弊社へご相談ください。

本をつくりたい方へ

自費出版をお考えの方はこちらのページをご覧ください
ゆあぶっく|自費出版部門
お問い合せ  電話 075-761-1166  お問い合せフォーム