自費出版・個人出版なら京都の印刷会社 からふね屋

自費出版のいろは

自費出版の基礎知識をご紹介!著作財産権って、何?

書籍の自費出版をお考えのみなさん!
製作を始める前に、著作権についての知識を学んでおきませんか?
別の回で、著作人格権についてご紹介しましたので、今回は、著作財産権についてお話ししたいと思います!

■著作権の種類

こちらに関しても別の記事でご紹介していますが、念のため簡単に復習しておきます!
著作権と一言で言っても、「著作人格権」と「著作財産権」の大きく2種類に分かれるということでした。

「著作人格権」に関しては、さらに「公表権」「氏名表示権」「同一性保持権」の3つに分かれます。
(詳しくは、「著作権にもいろいろあるんです!自費出版で重要な著作人格権とは?」の記事をご覧ください。)
今回は、「著作財産権」について詳しくお話ししていきます!

■著作財産権の種類

著作人格権と同様に、著作財産権にも様々な種類の権利があります。
数が多いので、書籍に関する権利に焦点を絞って、ご紹介します。

・複製権

複製権とは、書籍の内容を複製(コピー)して利用するための権利です。
要するに、他人に自分の著書をコピーされて悪用されないための権利です。
最近では、書籍の状態で販売していたものを、電子書籍という形にして再度販売するという時にも、この権利が効いてきます。

・譲渡権

譲渡権とは、著書を広めるために、原稿等を他人に譲渡する権利です。
この権利が効力を示すのは、第三者が勝手に海賊版を作り、それを一般の方に譲渡するときです。
著作者は、譲渡権を持っているため、この行為を制限することができます。

・貸与権

貸与権は、譲渡権と同じ考え方で、原稿等を他人に貸与する権利です。
ただし、図書館等で貸し出しをする場合は、「非営利目的」の行為となりますので、貸与権の侵害にはあたりません。

・翻訳権

翻訳権とは、著書の内容を他の言語に翻訳する権利です。
第三者が、勝手に書籍の翻訳を行い、海外で販売する等の行為を制限するための権利です。

■著作財産権の保護期間

別で紹介した著作人格権の場合は、著者が死亡した時点で消滅してしまうということでした。
一方で、今回の著作財産権の保護期間は、著書が完成してから、著者の死後50年後までとされています。
また、著作財産権は、他人に譲渡することが可能な権利となります。

■まとめ

今回は、著作財産権についてご紹介しました。
自費出版を成功させるための基礎知識として、著作人格権とセットで把握しておくと効果的です。

本をつくりたい方へ

自費出版をお考えの方はこちらのページをご覧ください
ゆあぶっく|自費出版部門
お問い合せ  電話 075-761-1166  お問い合せフォーム