京都で印刷とWEBをまかせるなら からふね屋

印刷見聞録

1927年「営業のしおり」 その4「ゴシック体編」

こちらの記事は、旧サイト・ブログの記事を加筆・修正したものです。

からふね屋1927年営業のしおりゴシック体

今回は弊社の1927年製活字見本帳「営業のしおり」からゴシック体を紹介します。

そもそもゴシック体は欧文のサンセリフ体の影響を受けて生まれた比較的歴史の浅い書体ですが、活字全盛の時代には、ほとんど明朝体とゴシック体のみで文字は組まれており、その中でも明朝は本文用、ゴシックは見出しや強調用にと使い分けられており、その流れは書体が多様化した現在でも引き継がれています。

そんな中で弊社の見本帳にはゴシック体と丸ゴシック体の2種が、それぞれ初号〜七号まで掲載されています。

いずれも活版印刷の特徴と相まって、現代のゴシック系の文字以上に力強さや迫力が感じられる書体です。
からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック初号体

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック壱号

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック二号

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック三号

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック四号

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック五号

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック六号

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック七・八号

からふね屋1927年営業のしおりゴシック体初号

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック壱号

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック弐号

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック参号

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック四号

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック五号

からふね屋1927年営業のしおり丸ゴシック六号

本をつくりたい方へ

自費出版をお考えの方はこちらのページをご覧ください
ゆあぶっく|自費出版部門
お問い合せ  電話 075-761-1166  お問い合せフォーム